06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

流れ星

by 中島美嘉

流れ星 ねえ キミは何を想ってみているの?
見つけた星 今 ボクの中で確かに輝く光

夢に描いてた場所は もう夢みたいじゃないけど
窓に映ってるボクらは似ているのかな?君は何て言うだろうな?

願い事ひとつだけで 何処までも行ける気がした
伝えたい事も伝えきれない事も 君はもう知ってるかな

ねえ 心の深い場所で 今 キミを探し出したよ
それはまるで一瞬の魔法
YOU STAY FOREVER

流れ星 今 キミは何を言おうとしていたの?
見上げた空 つないだ手 同じ未来をみつめていたい

振り出した突然の雨 キミを待つ改札(かいさつ)前
小さすぎる傘に肩が濡れてしまうけど いつもより寄り添えたね

ねえ 子供みたいに泣いたり ねえ またすぐ笑いあったり
ボクらはもう 一人じゃない
YOU STAY FOREVER

流れ星 失くしたもの失くしちゃいけないもの
どんな時も 一番近くでキミを感じていたい
流れ星 ねえ 二人過ごしてく日々の中で
見上げた空 つないだ手 同じ未来を見つめていたい

流れ星 ねえ キミは何を想ってみているの?
見つけた星 今ボクの中で確かに輝きだした

流れ星 I make a wish upon a shooting star, I want to be with you.
見上げた空 つないだ手 同じ未来を見つめていたい
| 中島美嘉 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

Over Load

by 中島美嘉

地下鉄の波に夢がのまれてく
繰り返しの日々に疲れ果てている
また今日も
同じ靴で
同じ道を行く

空さえ飛べる気がしたあの頃
不安なんてまだ一つもなかった
心から
笑えたのは
いつが最後だろう

誰かのせいじゃない事なら
僕らはもう解っているから
変わる 勇気を

光り輝くために僕ら
この瞬間(とき)を今乗り越えていこう
願う力で叶(かな)えられる
泣いてもいい
また明日
笑えるなら

眠れない夜に観ていた映画の
ヒロインを自分に重ねて泣いてた
いつからか
一人きりが
上手になってた

次の週末まで乗り切れるのは
愚痴(ぐち)も恋愛(れんあい)も聞いてくれる様な
変わらない
友達が
元気くれるから

大人になって気付いたのは
大人になんてなれない事
夢は 消えない

少し遠回(とおまわ)りして僕ら
強く優しく今生きて行こう
恥ずかしい事なんてないさ
つまずいて
転(ころ)んだって
立ち上がれる

胸に詰(つ)め込みすぎて
自分追い込みすぎて
苦しい日々も
無駄なんかにはしない日がくるから

光り輝くために僕ら
この瞬間(とき)を今乗り越えていこう
願う力で叶(かな)えられる
泣いてもいい
また明日
笑えるなら

少し遠回(とおまわ)りして僕ら
強く優しく今生きて行こう
恥ずかしい事なんてないさ
つまずいて
転(ころ)んだって
立ち上がれる

| 中島美嘉 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

素直なまま

by 中島美嘉

照(て)らし始めた朝の日を
そっと カーテンを開(あ)き眺(なが)めながらふと気付く
忘れかけてた 本当の自分が映る
窓ガラス見て あなたをふと思う

負けない私 人前では泣かない私
それが大事な事と思っていたけど
1人泣きぬれた夜に嘘はつけなくて

本当はすごく強がりで 泣き虫な私でいいかな
もっと素直でいたかった
あなたと過ごした日々に 戻れたなら

数え始めたため息を
そっと テーブルのすみに並(な)べながらふと気付く
解(わか)りかけてた 本当の自分が映る
空のグラス見て あなたをふと思う

負けない私 人前では泣けない私
今も大事な事と思っているけど
1人泣きぬれた部屋はとても冷たくて

本当はすごく寂しくて 泣き虫な私でいいかな
それでも笑っていられたのは
あなたと過ごした日々に 出会えたから

2人離れた日から
変わり始めた日から 私は私になる
今のあなたに 今の私を
見て欲しかった
素直なままの私を

本当はすごく強がりで 泣き虫な私でいいかな
もっと素直でいたかった
あなたと過ごした日々に 戻れたなら

本当はすごく寂しくて 泣き虫な私でいいかな
それでも笑っていられたのは
あなたと過ごした日々に 出会えたから

| 中島美嘉 | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) |

ORION

by 中島美嘉

泣いたのは僕だった
弱(よわ)さを見せないことが そう
強いわけじゃないって君が
言っていたからだよ
I believe

息が冷たくなる帰り道に
ただ星が揺れている

確かめたばかりの
淡(あわ)いぬくもりさえ
もう忘れそう

人を好きになれることに
初めて気づいた 今は

泣いたのは僕だった
つながった冬の星座(せいざ)
この空に消えてかない様に
見つめていたんだよ
I believe

かじかんだ手のひら
離れぬ様に いつまでもふれていたい

伝えたい言葉繰り返すのに
また声にならない

他愛(たわい)ないことで笑って
優しく包むよ 君を

流れ星数えてた
君と出会えたキセキが
今僕に
生きるている意味を
教えてくれたから
I believe

泣いたのは僕だった
弱さを見せないことが そう
強いわけじゃないって君が
言っていたからだよ
I believe

言っていたからだよ
I believe
| 中島美嘉 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

SAKURA-花霞-

by 中島美嘉

坂を越えると
この町 見えなくなる
あの人はまだ
私の背中を 見送(みおく)っている

手を振れるほど
無邪気(むじゃき)か 大人ならば
泣かせたりしないのに

花霞(はながすみ) いま伝えて
私の心
心配ないと伝えて
愛する人に

幼(おさあ)い日々に
手を引(ひ)かれて見上げた
この並木道(なみきみち)
お願いよ いま咲き乱(みだ)れて

花霞 ねえ守って
あの人の昨日
いつからだろう
その背を追い越していた

花霞 ねえ守って
あの人の明日
強がりなとこ
二人は同じだから

晴れ渡(わた)る旅の空に
この先待つ日々描いた
それなのに それなのに
苦しくなるのはなぜ?

花霞 いま許して
私の嘘を
大人になんかなれない
なりたくもないの

さくら舞い散る季節が
またやってきて
私の心 伝えて
愛する人に
愛する人に
| 中島美嘉 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

Be in silence

by 中島美嘉 (3)

OH…運命ならば NN…
OH…側にいたわ oh…

no moreこれ以上の恋はない
fake loveそう何度も感じ
また同じ繰り返して
人は皆美化し続ける

Be in silence 痙攣してた
この心は安らぎだす
でも 立ち止まってしまうのは
傷つけたの懺悔するから
どうか眠らせて… NN

OH…哲学ならば NN…
OH…皆語れる oh…

no more まだ理想論だらけの
fake love そう愛に溺れて
肩の荷を墜ろしたなら
付属してた自分に気づく

Be in silence 敵でも今は
受け入れても染まらないわ
嘘 信じられなかったのは
きっと私が子供だっただけ
Be in silence 洗脳された
未来なんて繋がらない
でも 今解放されてる君に
気がすむまで 褒美やるから どうか…

Be in silence 痙攣してた
この心は安らぎだす
でも 立ち止まってしまうのは
傷つけたの懺悔するから
どうか眠らせて… NN
| 中島美嘉 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |